【device】MSN「M50」太いけど1番味が良い

うっすGTッス。ここ数日天気荒れまくりで全く釣りに行けてないのでストレスがマッハ。偏頭痛もマッハ。そんな時にはプロメアだ!
プロメアまだ見てない人は必ず劇場で見ましょう。もう見たって人はもう一回劇場へ足を運びましょう。アツい!

MSN「M50」
さて今日ご紹介するのはiQOS互換機シリーズ。MSN社製の「M50」です。
ご提供:MSN社
Made in China。MSN3部作のトリを務めるのはコイツ。1番サイズが大きく、値段もやや高め。
さて実力のほどは?
内容物
本体、マニュアル、USB、例の綿棒と、MSNのiQOS互換機ではお馴染みのメンツ。
綿棒は本体サイズに合わせて変えてくれてるので親切ですね。
マニュアルには日本語の記載も見受けられますが、やっぱりガッタガタ
スペック
サイズH107*R22.8
重さ73g
バッテリー容量1,450mAh
入力電圧5V1A
その他機能3段階の温度調節機能
バイブレーション機能
やはり前2機種と同じく、液晶レス、1ボタンとシンプルで扱いやすい構造ながらも、3段階の温度調節バイブレーション機能が付いています。
本体の電池容量は1,450mAh。満充電でおよそ23本喫煙可能らしいです。1箱ちょっと吸えるってアドバンテージはかなり大きいのでは?
1回の喫煙は4分間or15回の吸引となってますが、やっぱり4分間で15回吸うって大変。だいたい気が付いたら4分終わってる。
充電の際には必ず5V1Aの環境で。このあたりのお約束はVAPEと同じです。
使用方法
以下コピペ。
電源on/offは本体中央のボタンを5秒長押しで。
電源on状態の際、2秒以内に3回連打で加熱開始。加熱が完了するとバイブで教えてくれます。ヴィンヴィン。加熱スピードはかなり速いですね。体感10秒くらい。iQOSオーセンってもっとかかるんじゃなかったけ?知らんけど。
温度調整は加熱中に同じく2秒以内に3回連打で変更可能。LEDがボタン直上に設置されているのですが、光ってる色で現在の加熱温度を知らせてくれます。視認性は高い
あっ喫煙終了時にもバイブでお知らせしてくれます。ヴィンッ。
外観
サテン地っていうのでしょうか。塗装もしっかりされていて安っぽさを感じさせません
本体上部が取り外し可能になっており、吸い終わりや清掃時にはここを外します。マグネットでしっかりと固定されているので普段使用していても勝手に外れるなんてことはありませんでした。
こちらがタバコ挿入口。
やはりヒートスティックは板状なのである。
ここが折れるともう買い替えるしかないので、清掃時等丁寧に扱ってあげたいところ。
電源を入れるとこんな感じにLEDが点灯します。
ちょっとeGoっぽい?
USB給電口はボタン背面に。ここが壊れるとやっぱり使い物にならないのでやはり慎重に扱うべきなのである。
総評
MSNの機種は「M1」、「CSVK2.4」と取り上げてきました。味的にはこの「M50」が大本命iQOS特有の臭さも抑えられ、なおかつ程よいキック感が味わえます
MSNユーザーなら、「M50」をメイン機に「M1」か「CSVK2.4」をサブ機として運用するのが正解じゃなかろうか。
ご購入はコチラから。
現在、MSNでは日本での大手代理店をお探しだそうでして…MOQなど色々と対応してくれるみたいです。詳しくはinfo@go2vape.jpまで!
それじゃ今回はこのあたりで。次回はVAPE記事!

コメント