【TOOL】MK Lab「Koi-Koi ビルドマット」kawaii最高にkawaii

どうもGTです。インフルエンザがゴイスーですね。ぼくの会社そこまで人数多くはないんですけど、なかなかの流行を見せております。ただでさえ少ないのに昼間ちょろっと会社行ったら誰も居ませんでした。ウケるwww
予防接種しとくに限りますね。高くないしね。

MK Lab「Koi-Koi ビルドマット」
さて今日ご紹介するのはMK LabKoi-Koi ビルドマット」です。
ご提供:MK Lab
まさかMK Labさんからバレンタインを頂くとは思いもよらなかった。しかもポストカードと「月見」まで。昨日貰ったチョコレートよりも嬉しかったのは秘密。
サイズ
縦:300mm
横:600mm
厚:3mm

ちょっと普段使ってる撮影ブースには入りきらなかったので出窓で撮影しました。

縦幅もさることながら、横幅をしっかり取ってくれているので手元のビルドツールがマットからはみ出すなんてこともありません
厚さも3㎜といいクッション具合です。使いやすい!

じっくり見てみる

Koi-Koiシリーズのラベルを飾った子達が物憂うような表情で寝そべっておる…大変に百合百合しくて良い。ちょっとえっちだ。
撮影ブースに戻って個別に撮影なんぞしてみました。

霧流れ&雨流れ。この子たちはリキッドのモチーフであるハニーデューメロンとドラゴンフルーツを持っていますね。

三光&花見。

でもってぼくの推しメンの月見。褐色娘好き。大好き。ナディア好き。
摘まんでいるのはコーヒー豆でしょうか。

両隅にはMK LabクニさんとKoi-Koiシリーズのロゴも。


気が利いているなぁと思ったのは、このロゴ対面に来るように配置されてるんですね。どっち向きにしてもイラスト的には問題無いのでお好きな向きで。

表面はこれ、サテン地て言うんでしょうか。マウスパッド的なアレです。さらっさらしてて手触りが気持ち良いですね。
また防水加工が施されているようで、リキッドがこぼれてもしっかり弾いてくれるみたい。

MK Lab公式オンラインショップより引用)

裏地。ラバー製です。

波状にコーティングされているためグリップ力も◎。また、四辺の裁縫もしっかりとした造りなので使っていてほつれてきたりすることも無さそうです。

総評

兼ねてからKoi-Koiシリーズの子達はkawaiiなあ薄い本出ないかなあなんて思っていたらビルドマットが販売されるとは…機能性はもちろんのこと書下ろしイラストってのがオタク心を擽るというかなんというか。
ぼくは作業台に早速敷いて使ってます。お値段もお手頃なのでKoi-Koi娘ファンは必携の1枚ですよ!

公式オンラインショップでの取扱いは明日2月16日(土)13:00からの模様。
ご購入はコチラから。

 

それじゃ今回はこのあたりで。インフルこわいのでアルコール消毒してきます。

コメント