【アトマイザー】VAPONUATE「L’HYPERSONIC」なにこれめっちゃ美味いんだけど

ポチッとな→ブログランキング・にほんブログ村へ

どうもGTです。今日は「L’HYPERSONIC」の記事書きたくて仕事ほったらかして帰ってきました。今週仕事何にもしてねえええええ。来週のぼくがきっとなんとかしてくれます。きっと。

普段なら1~2週間程使い込んでから記事にするのですが、そのあまりにも上質な出来に2日使っただけで記事にすることにしました。

VAPONUATE「L’HYPERSONIC」

と、いう訳で。今回ご紹介するのはVAPONUATE社製「L’HYPERSONIC」です。

フランス産。
ぼくが講釈を垂れるまでもなくコンコルドやミラージュといった名機を輩出してきたVAPONAUTE。今回はRDTAを出してきやがった。
RDTA大好きマンとしてはこれはスルーできず、ポチッた次第でありやす。世界限定1,800個とのことですが、国内にも結構な数流れてきたようです。

内容物

予備Oリング、予備イモネジ、ノーマルピン。標準でBFピンが刺さっていますのでスコンカー以外で使用する際にはノーマルピンに変えましょう。ちょっと不満と言うか惜しい所を挙げておくと、デッキとタンクをジョイントする部分のOリングの予備が入っていないんですよ。そんなに頻繁に動かす部位でもないので劣化は遅いのでしょうけど、ここが切れたりしたらダダ漏れになるからなぁ…ちと心配。
ハイパーソニック最大のキモでもあるチャンバーはウルテムとクリアカラーの物が同梱されます。このチャンバーが色々すげえんだ。

構造
バラしてみました。その特異な形状とは裏腹に、構造自体は至ってシンプル。メンテナンスも楽そうです。各部の切削が非常に綺麗
またデッキとポジティブピン以外のジョイントはOリングに依存しているのですが、濡らさないでも良い具合に外れてくれます。Oリング依存のRDTAと言えばぼくの大好きな「biatch」が漏れへの強さを証明してくれているので、その点に関してはなんの心配もしていません。
 
トップキャップ&チャンバー
トップキャップ…と言ってもこのアトマイザーに限ってはただの筒です。
楕円を挟む形で片側3穴、計6穴エアホールが空いております。これをチャンバー側のエアホールと調整してお好みのドローで味わう訳ですな。
 
で、肝心のチャンバーがコチラァ!
もうコイツがトップキャップ本体と言っても差し支えないほどその役割が大きいです。
真上から見た図。
放射線状に片側3穴、計6穴エアホールが空いております。このエアホール、上から下に空気をコイルに直で当てる形になってるんですよ。ほい真横から見た図。結構な角度がついてます。空気の対流が激しくなるのでしょうか。ぼくにはわからん。エアホール径ですが実測約1.5㎜と非常に小さなエアホールです。針のような空気が6か所からコイルに突き刺さる訳ですね。これもう美味いに決まってますやん…
あ、クリアーカラーのチャンバーはエアホール径が違うとかそんなことは全く無くただのカラバリです。
 
こんな感じでトップキャップとチャンバーがジョイントします。流石にエアホールまでジュースが来たら漏れることもあるでしょうけど、今のところ倒したりしても全く漏れはありません
 
デッキ&タンク
分かりやすようにタンクは外してあります。
シングル前提のとてもシンプルな構造です。上部真ん中の穴がジュースホールで、両側の穴にコイルレッグを落としてイモネジで挟み込みます。コイル真下からジュースが出るということもあり、コイル位置はあまり下げない方が良いように思えます。
後述しますがビルドは死ぬほど楽。猿でもビルドできるアトマイザー!
 
タンク
特筆すべき点は特にないただのタンクです。容量どれくらいなんじゃろ…2mlくらい?公式見ても載ってないっぽいです。
 
タンクとデッキはねじ式ですね。漏れないようにと念じながら締めます。特に意味は無い。
 
タンク裏
VAPONAUTEのロゴとハイパーソニックの銘、シリアルが刻まれています。
ポジピンの出しろはちょっと心もとないかな。ハイブリッドなんかには向かないでしょう。
 
ビルドしてみる
これねーコイルの足がデッキを貫通できるんですよ。貫通式。オナホの話はしてないよ? デドラビが近いかな。タンクを外してやれば余った足を際で切れるので非常に組みやすい
 
さて上の画像では単線で組んでますが、ぼくは断然クラプトンをおススメします
チャンバーのコイルを包み込む空間が実測で約8㎜あるんですよ。これだったらある程度ぶっといコイルでもイケちまうんだ。実際にクラプトン3㎜で組んだのがこちら。
ね?まだ余裕あるでしょ?これくらいの高さまで攻めても今のところチャンバーが溶けるような事態には陥っていません。ジュースホールのこともあるので、このアトマイザーはある程度高さを取ってビルドした方が美味いと思います。他にベストなビルドがあれば教えてください。糞ビルダーなんスよぼくーwwwww
 
ある程度高さがあるということでコットンは気持ち長めに切っています。気持ち。
今のところこれくらいの長さでイガることもないし良いかなぁなんて思っております。
 
総評
「L’HYPERSONIC」これとんでもなくミスト・味が濃く出てくれます。エアホールの狭さも相まって全開でも重めのDL、軽めのMTLと言ったところでしょうか。構造上全閉ってことは難しそうです。ぼくは全開で煙を楽しんでおります。
同じBF対応RDTAとしてやはり名機の「biatch」とはやや味の方向性が違いますね。あちらは喉に刺さるようなミスト、こちらはじんわりと重く広がっていくミスト、と言ったイメージでしょうか。伝わるかな?伝われ!
もともと味の濃いリキッドだと喉が焼けそうなくらい甘く感じる。
 
ハイパーソニックのようなちょっと奇抜なデザインてスベることが多いと思うんですが、全くスベッてない。エアーの取り込みからドローまでが完璧にかみ合っている
少し残念に感じたのはOリングの予備とイモネジですかね。デッキのイモネジはかなり小さい頭の六角なんですよ。舐めそうでこわい。
あとは背の高さですかねー。22㎜径なのにドリチ抜きで28.6㎜もあります。ちょっとmod選ぶよね。
 
またこの手のプロダクツにありがちなトップキャップのカラバリも出てるんだなこれが。阿漕な商売…とか言いながら買っちゃったんですけどねwwwwwww
 
標準でクリアーチャンバー付属してくれるならクリアキャップも付属してくれてもいいんじゃない?と思わなくもないですが…とりあえずセットアップ見てセットアップ。
画像見ててクリアートップキャップがあるならクリアータンクも出して欲しいな、とか思っちゃいました!
 
まだ国内でも取扱いのある店舗はある模様。また海外サイトでは売り切れていないのをチラホラ見かけます。世界限定1,800個。激レア激ヤバ即ゲットですよ!
 
それじゃ今回はこのあたりで。明日はロジウムメッキ液が届くので楽しみ。

ブログ村参加してます!ポチってもらえるとモチべ上がりますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント