【リキッド】DR.VAPES「Cigar Club El Fuente」キャラメルとシガーのバランスがいい感じ!

どうもGTです。台風でございやす。

ぼくの通勤路の国道はすぐ横に海があるのですが、今朝はテトラと堤防を越えて高潮がざっぱんざっぱん流れ込んできました。危ねえ。というかですね、ぼく先日洗車したばっかりなんですけお!また今週末あたり潮を洗いながさなきゃですよ…ふぁっく。

DR.VAPES「Cigar Club El Fuente」
さて今日ご紹介するのはDR.VAPES社製「Cigar Club El Fuente」です。
イギリス産。VGPG7822。
昨日アップした「Don Pablo」と同じくSAMUIRAI VAPORSさんにて購入。
「Don Pablo」はナッツ強め、シガー弱めの印象でしたがこやつは果たして?
 
香り
やはりナッツの香り。しかしながら「Don Pablo」と比べるとこちらの方が、ややスモーキーに感じます。これは期待が持てるのでは!
ヘーゼルナッツ以外にもキャラメルも入っているようですが、香った程度ではキャラメル感は特に感じられず。
 
0.5Ω
おお、ナッツ抑えてシガーがしっかり主演している!うまうまー。
低wでは全体的に輪郭がぼやけた味ではあるものの、シガー感が強く出ています。
w上げていくとナッツも強まるものの、シガーの方が勝っていますね。
鼻から抜けるミストに仄かなキャラメルを感じます。これはバランス良いなー。
 
1.0Ω
こちらではシガーが先行します。これこれーこーゆーのでいいんだよこーゆーので。
w上げていくとよりシガーが強まり、サブオームに比べるとややキャラメルの甘さも際立ちます。やっぱりナッツは抑え目。主役がシガーとハッキリわかりやすいですね。うん美味い。
 
総評

「Don Pablo」はシガー風味のナッツリキッドでしたが、「El Fuente」はナッツは香り付け程度に抑えられ主役のシガーが分かりやすいリキッドでした。シガーのミストが口腔内を満たしたあとに、クドくならない程度のキャラメルが香るのも高ポイント。
個人的には「Don Pablo」より今回取り上げた「El Fuetnte」の方が断然好き。シガー好きには自信を持って勧められる逸品と仕上がっております。

しかしながら「Don Pablo」が不味いリキッドかというとそこは否定しておきましょう。好みの問題です。シガーよりもナッツが好きというあなたには「Don Pablo」の方が合うかもしれません。

ぼくのツボに入ったのは1Ω20w前後。シガーのあとにやってくる抑え目のキャラメルが程よい甘さで全体を引き立たせてくれています。
言わずもがなニコちゃんとの相性はグンバツ。添加したらアッと言う間に25ml吸いきってしまいました。

それにしてもDR.VAPESのリキッドは良い意味で小奇麗にまとまっており、日本人の口に合うリキッドが多いと思います。ちょっと他のリキッドも気になりますね。今度SAMURAI行ったらなんか買ってみよう。

ご購入はSAMURAI VAPORSから。

それじゃ今回はこのあたりで。土日もお仕事入っててぼく死ぬんじゃないかと思っております…

コメント